attention admin about comments trackbacks you may also like

雄山神社峰本社

2019年08月12日
神社・史跡・仏閣
6
EOSkissX5撮影 山登り 北アルプス 立山
信仰の山、、、立山
雄山神社峰本社に行きました

ご由緒


今から約一三〇〇年前、文武天皇の大宝元年(西暦七〇一年)第十二代景行天皇の後裔、越中の国司佐伯宿禰有若卿の嫡男有頼公が、白鷹と黒熊に導かれ立山の玉殿岩窟において「我、濁世の衆生を救はんがため此の山に現はる。或は鷹となり、或は熊となり、汝をここに導きしは、この霊山を開かせんがためなり。」という立山両権現の霊示を受け、文武天皇の勅命により開山されたのが霊峰立山である。その立山を神山と仰ぎ、山麓芦峅寺に立山雄山神(立山大宮)、剣岳の刀尾神(立山若宮)の両権現を奉斎する根本中宮をはじめ壮大なる神社仏閣が建立され、岩峅寺にも社殿が建てられて、年中の諸祭礼を怠りなく奉仕したのである。有頼公自らは出家して慈興と号し、立山座主として芦峅寺に居を定め、立山信仰の弘宣に生涯を捧げられたのである。以来神仏習合の一大霊場として皇室をはじめ武将名門の崇敬を受け、元明天皇・後醍醐天皇の勅願所となり、また清和天皇の貞観五年・宇多天皇の寛平元年に叙位せられた。平安期の後白河法皇御撰の『梁塵秘抄』には「験仏の尊きは先づ東の立山」と全国著名の霊場の冒頭に記され、また鎌倉時代の安居院編纂の『神道集』に「越中国一宮」、洞院公賢が著した『拾芥抄』に「雄山神社は新川郡葦峅寺にあり」と銘記されており、広く信仰を集めていたことが窺われる。鎌倉幕府が文治元年に諸堂を造営、室町幕府足利歴代将軍、越中守護代神保長誠公、佐々成政公等々、殊のほか深く崇敬し保護造営されてきた霊場も、天正十三年八月、富山城主佐々成政征討のため越中に軍を進めた豊臣秀吉により芦峅寺が悉く焼き払われ、以前の諸堂を殆ど失うこととなった。このことについては「東は立山ウバダウつるぎの山の麓迄、令放火候」と、秀吉が藤三蔵ら五名の近畿大名に送った文書が高野山に残され、『続群書類従』にも「至リ越後界ニ、立山、剣、祖母堂、廻シ人数ヲ」と載せられている。祖母堂(うばどう)とは芦峅寺のことである。前田利家公が加賀藩主となり復興造営に保護を加え、再び盛賑を極めたものの、明治維新の廃仏毀釈・神仏判然令により一大改新を加えられたため、布橋灌頂において重要な役割を果たした中宮寺ウバ堂は廃止され、天下三霊橋と誇った布橋も落ち、塔中諸坊も四散し芦峅寺は廃墟と化してしまった。ただ、根本中宮の境内とその講堂が雄山神社中宮祈願殿として残り、明治6年に県社、昭和15年に国幣小社に列せられた。

雄山神社HPより引用

行ってみた

入口


IMG_3289.jpg
参拝には登拝料500円が必要
鳥居をくぐって支払いを終えてから入口を抜ける


IMG_3288.jpg
狭い石段を上ると雄山神社峰本社に到着だ


雄山頂上からの景色

IMG_3294.jpg
雄山頂上は3003m
ガスが吹き上がってきた


IMG_3292.jpg
辿った道を振り返ると社務所がある
お守り・記念バッジ・Tシャツなども販売されている


富山県最高峰と黒部ダム

IMG_3295.jpg
富山県の最高峰が大汝山(標高3015m)


IMG_3298.jpg
見下ろすと黒部ダムの端が見える


山頂にある本殿

IMG_3299.jpg
畳6帖くらいの狭いスペースにある本殿
落下防止の手すりもない開放的な場所である
もちろん落ちたら大けがでは済まされない


IMG_3302.jpg
太鼓や御神酒がある


IMG_3301.jpg
可愛らしい鈴
清々しい音色が敬虔な気持ちにする


IMG_3307.jpg
そして神主さんのお祓いを受けお神酒をいただく
3003mで詠われる祝詞が響き渡った


御朱印


IMG_3285.jpg
社務所に戻ってザックに入れてきた御朱印帖を巫女さんに渡し書いていただく


おしまいに

標高は高いが登山初心者でもチャレンジできる
苦労して山を登り、雄大な景色を見ながらの参拝は感動すること間違いなし^^
日程に余裕が持てれば前泊がおすすめで、ご来光などの楽しみがさらに増える
初心者向けとはいえ、北アルプスの本格登山になるので気持ちは引き締めて楽しもう
このコースでも骨折などの重傷を負い、ヘリで運ばれる事故が毎年発生しているからね
下からガスが吹き上がってきて天気が崩れそうと判断して縦走は断念
登頂した感動と興奮が冷めないまま、、、ゆっくり下山した



※このあと「記録的短時間大雨情報」で猛烈な雨が降ったようだ

雄山から大汝山へ

雄山山頂、、、峰本社社務所に到着...


富山の最高峰

大汝山に到着富山の最高峰である...



★いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

人気ブログランキング


FC2 ブログランキング




関連する記事
MIZU
Author: MIZU
使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。当ブログはリンクフリーですが、当ブログのコンテンツ(記事・画像・その他プログラム)について、許可なく転載することを禁じます。引用の際は、当ブログへのリンクを掲載するとともに、転載であることを明記してください。

コメント(6)

There are no comments yet.

FirstMESA  

2019/08/12 (Mon) 10:16

mizuさん、こんにちは(^^)

3,000mの頂から見下ろす黒部ダム、高度感が凄いですね。
それにしても涼しそう(寒いくらいかな?)、下界の猛暑の中でのバテ気味の身体も、一挙に引き締まりそうですね。(^^)

べり~*  

2019/08/12 (Mon) 12:16

こんにちは^^

3000m級の登山なんですね!
景色を見るととても初心者には難しそうに見えますよ~。
夏山登山、楽しまれている方が多いですね~混雑しているような。
神主さんも登山されるのですか?
山頂の本殿、有難い神社ですね。

mizu  

2019/08/12 (Mon) 20:06
MIZU

To FirstMESAさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
山の空気で心が洗われました^^
この日は風も穏やかでシャツ一枚で丁度良いくらいでした。

mizu  

2019/08/12 (Mon) 20:12
MIZU

To べり~*さん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
3000m級の山ですよ~^^
立山は日帰りでのピストンが可能なのでかなり混雑します。
神主さんや巫女さんは山頂でで宿泊しているようですよ^^
雄山の峰本社にぜひいらしてください。おすすめです。

NOB  

2019/08/13 (Tue) 07:09

おはようございます。

3000m級の初心者でも行ける登山コースなんですね!
ここからの景色は登山された方の特権ですね!
あらためて黒部ダムを見ると険しい山の中にあるのがわかりますね!
建設当時の苦労もわかります。

mizu  

2019/08/13 (Tue) 08:13
MIZU

To NOBさん

黒四は世紀の大工事で戦後最大の過酷な現場と紹介されていますね。
資材を運搬するトンネル堀削では破砕帯に遭遇した難工事として映画にもなりましたからね。
今ではそのトンネルを利用して室堂からバスとロープウェイでダムに行ける観光名所です^^