attention admin about comments trackbacks you may also like

戸隠神社 五社巡り(その3)

2019年11月04日
神社・史跡・仏閣
10
EOS80D撮影 神社 休日 旅行
戸隠神社五社巡りもいよいよ終盤です。

戸隠神社 宝光社、火之御子社に参拝


美味しい戸隠そばでお腹が満たされた後は、残る二社にお参りです。

戸隠神社について


戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。
平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場でした。神仏混淆のころは戸隠山顕光寺と称し、当時は「戸隠十三谷三千坊」と呼ばれ、比叡山、高野山と共に「三千坊三山」と言われるほどに栄えました。
江戸時代には徳川家康の手厚い保護を受け、一千石の朱印状を賜り、東叡山寛永寺の末寺となり、農業、水の神としての性格が強まってきました。山中は門前町として整備され、奥社参道に現在もその威厳を伝える杉並木も植えられ、広く信仰を集めました。

明治になって戸隠は神仏分離の対象になり、寺は切り離され、宗僧は還俗して神官となり、戸隠神社と名前を変えて現在に至ります。

<戸隠神社ホームページより引用>

宝光社(ほうこうしゃ)


IMG_1854.jpg
木製の鳥居と周囲の杉の大木はやはり神秘的。

IMG_1855.jpg

ご由緒


杉の古木の中、270余段の石段を登ると神仏習合時代の面影を残す荘厳な社殿があり、その荘厳さは多くの信者の尊信を集めています。
祭神は中社祭神の御子神様で、開拓・学問技芸・裁縫の神、安産の神、女性や子供の守り神として御神徳があります。

<戸隠神社ホームページより引用>


手水舎


IMG_1856.jpg
鳥居をくぐると右手に手水舎が見えてきます。

IMG_1858.jpg
光が差し込んでいい感じ。


参道


IMG_1859.jpg
鳥居から社殿までの石段は193段で勾配がきつい。


拝殿


IMG_1862.jpg
宝光社の社殿は五社で最も古く1861年に創建されたものです。


火之御子社(ひのみこしゃ)


ご由緒


承徳二年(1098)頃の創建で、岩戸の前で舞われた天鈿女命が主祭神で他に三柱の神様をお祀り申し上げております。
戸隠山の神様が神仏習合の当時も、このお社だけは神社として終始しておりました。戸隠神社太々神楽は、この神社に仕えていた社人によって古来より伝えられ現在に至っております。舞楽芸能の神、縁結びの神、火防の神として尊崇されております。
近年は参拝される方が多く、境内には樹齢500年を超える『夫婦の杉(二本杉)』と有名な西行桜があります。

<戸隠神社ホームページより引用>


参道


IMG_1845_201910290120081f4.jpg
石造りの鳥居から石段を上がる


手水舎


IMG_1848.jpg
火之御子社の手水舎は屋根がなく拝殿手前の石段左にあって見落とさないように注意が必要。


拝殿


IMG_1846.jpg
社殿の創建年は不詳とされています。今の社殿は明治17年(1884年)に再建されたものですが、平成6年に大修繕が行われ、現在に至っています。


おしまいに


戸隠の旅はこれで終わりです。
まさかここまで歩くとは考えていなかったので装備等については準備不足でしたね。
プチ登山の感覚で丁度良いです。
本当にレディネスは重要ですね。
今後は下調べをしっかりしてから行きましょう。
そして五社巡りは楽しかった~。
たくさんの参拝者で賑わう聖地では神聖なパワーをたくさんいただきました。
大自然を満喫しながらの古道歩きや名物の戸隠そばを楽しんで素晴らしいひとときを過ごせたな^^。


戸隠神社 五社巡り(その1)

今回の遠征先は信都・長野市です。これまで不思議と戸隠神社に行ったことがなかったので出かけてみました。...


戸隠神社 五社巡り(その2)

戸隠神社 五社巡りの三社目は『中社(ちゅうしゃ)』。...


秋の新そばを愉しむ

パワースポットでもある戸隠神社周辺にはたくさんの蕎麦屋さんが軒を連ねています。こんなにたくさんあるお店の中からどこを選んでいいのか迷いますね~^^...



戸隠神社宝光社 〒381-4101 長野県長野市戸隠宝光社2110 ※地図
戸隠神社火之御子社 〒381-4101 長野県長野市戸隠中社2410 ※地図


★いつもクリックで応援してくださり、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキング



関連する記事
MIZU
Author: MIZU
使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。当ブログはリンクフリーですが、当ブログのコンテンツ(記事・画像・その他プログラム)について、許可なく転載することを禁じます。引用の際は、当ブログへのリンクを掲載するとともに、転載であることを明記してください。

コメント(10)

There are no comments yet.

ぼっちん  

2019/11/04 (Mon) 10:22

はじめまして ^^

mizuさん、はじめまして ^^
弊ブログを時々覗いてくださっているご様子でありがとうございます。
私も、いつもこっそりと覗き逃げしちゃってるんですけど(笑)

いやぁ、Akiraさんの「Ample」テンプレートを上手にカスタマイズなさってて「おっ 凄い」と感嘆しております ^^

リンクの「▼ お気に入りブログはこちらをクリック ▲」の折りたたみアイデアなんて、私には考えつきもしなかったです (^^ゞポリポリ

これからどうぞ宜しくお願い致します ^^

mizu  

2019/11/04 (Mon) 11:12
MIZU

To ぼっちんさん

こちらこそ、初めまして。
ぼっちんさんとやりとりできて光栄です^^
失敗を繰り返しながら頑張っています。
今後ともよろしくお願いいたします。

べり~*  

2019/11/04 (Mon) 12:40

こんにちは。

長い、長い階段を見て頭がクラクラしましたが(笑)
やはり、ちゃんと登られたんですね。
宝光社の社殿があまりにも美しくて素晴らしい建物ですね。

さえき奎  

2019/11/04 (Mon) 14:22

戸隠五社

宝光社も火之御子社も、趣があっていい雰囲気のお社ですね。この五社は、
調べると歴史的にもなかなか興味深いです。熊野三山などもそうなんですが
じっくりと研究してみたいテーマです。
とはいえ、なかなか行く機会もありませんので、こういう疑似体験をさせて
もらえるということは、大変ありがたいことです。
応援クリックさせていただきました。

mizu  

2019/11/04 (Mon) 16:00
MIZU

To べり~*さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。
落ちたらヤバイ階段ですね。
一気に登っちゃいました、、、無理しすぎ^^

mizu  

2019/11/04 (Mon) 16:09
MIZU

To さえき奎さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。
戸隠の研究ですか。ロマンあふれる逸話に彩られる地域での研究は楽しく取り組めそうですね。

NOB  

2019/11/04 (Mon) 17:08

こんばんは。

宝光社の木製の鳥居は存在感ありますね!
ここからさらに勾配のきつい193段の石段を登るのですね!・・・・・(;^_^A

戸隠神社 五社巡りって結構体力いりますね!

mizu  

2019/11/04 (Mon) 17:53
MIZU

To NOBさん

こんばんは。いつもありがとうございます。
体力いりますよ。プチ登山の装備で丁度いいです。
水分も用意しないと暑い日は無理ですね。
それでもすばらしい自然とのふれあいは良かったです。

そふぃあ  

2019/11/05 (Tue) 07:46

こんにちは

五社参り制覇でしたね。
流石です。

戸隠の地は、降り立った瞬間から空気感が違う感じで、とても好きな場所です。
写真を拝見しながら、数年ぶりにでかけた気分を味わわせていただきました。

mizu  

2019/11/05 (Tue) 08:45
MIZU

To そふぃあさん

おはようございます。いつもありがとうございます。
戸隠は素晴らしいですね。また、訪れたい場所です。