MIZU NOTE

お庭の利休梅が見頃です

2020/04/17
家族のこと 6
日常 コンデジ撮影
お庭に咲いた利休梅(リキュウバイ)が満開です。長女が小学校を卒業するときに植樹しました。娘の成長と同じように随分と大きくなり、咲かせる花も沢山になりましたよ。そろそろ娘も将来のことを考えているようです。慌てずやりたいことを探して、いずれ美しく大きな花を咲かせてほしいですね^^


利休梅(リキュウバイ)とは



サクラの後を受けて咲き始めるのが、利休梅(リキュウバイ)。品のよい白の花が咲く利休梅は、中国原産の樹木で、明治末期に日本に入ってきました。花が地味で、茶花として好まれていることや、利休の命日(新暦3月28日)の頃に咲きはじめることから「リキュウバイ」と別名が付けられたといわれています。



花言葉は


DSC05277.jpg

花言葉は、「控えめな美しさ」「気品」です。「控えめな美しさ」は、膨らんだ蕾からひらく緑の花芯と白い花弁のバランスに奥ゆかしさがみえるからでしょう。「気品」は、控えめながらも上品に緑の葉と花の白の調和に美しさを見いだしていることを指しているようです。



特徴は


DSC05278.jpg

特徴は、樹木でありながら株元から数多くの枝が分かれる株立ちです。枝が分かれて大きくなると、枝垂れて趣がでてきます。花期は4月~5月で蕾が真珠のように丸く膨らみ白い花を咲かせますが、派手さがなく花言葉の印象と同じですね。



最後に


利休梅(リキュウバイ)は、育て方が比較的容易であまり手を加える必要がありません。娘を育てるのは容易にとはいきませんが(笑)。 毎年、この時期にきれいに花咲く利休梅(リキュウバイ)の姿を見ながら、娘の成長に感謝しています。家族思いの優しい娘ですが、これからも心の美しい人になってほしいと思っています。




ブログランキングに参加しています。
応援クリックをしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
家族のこと
MIZU
Admin: MIZU

富山県に移住して30年目になります。このブログでは日常生活の出来事や富山県の情報などを綴っています。いつもカメラを片手に出掛けて、好きな写真を残しながら・・・といったスタイルでのんびりと更新していきますのでよろしくお願いします。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします。


コメント 6

まだコメントはありません

FirstMESA

mizuさん、こんにちは(^^)

利休梅の花を通して、愛娘さんへの愛情がひしひしと
伝わってきます。^_^

ちなみに、タイトル画像、よろしいですね!
お気に入りは、剣沢からの朝日の中の威風堂々たる剣と、
ブラックラーメンの、どアップです。(^^)v

2020/04/17 (Fri) 10:27

onorinbeck

No title

利休梅ですか!
これは、ほんと綺麗ですわー!

2020/04/17 (Fri) 13:14
MIZU

MIZU

To FirstMESAさん

こんにちは。いつもありがとうございます。
利休梅がいい感じで咲いてくれました^^
テンプレを変更することがありますが、あの剱の画像は私もお気に入りです。
ただいまブラックはウイルスの影響で休業中です。残念、、、。

2020/04/17 (Fri) 14:28
MIZU

MIZU

To onorinbeckさん

こんにちは。
お茶を飲みながら眺めていたくなりますね^^
今後もよろしくお願いします。

2020/04/17 (Fri) 14:31

さえき奎

利休梅、初めて聞きました。
楚々として美しい花ですね。
梅という名がついていますが、同じバラ科でもサクラ属ではなくヤナギザクラ属の木なんですね。
花は梅や桜よりもバラに近いような気がします。
娘さんにとっては何よりのプレゼントになると思います。

2020/04/17 (Fri) 19:15
MIZU

MIZU

To さえき奎さん

おはようございます。今年もきれいに咲きました。
剪定しなければ、結構大きく伸びるようですね。
たしかに花は薔薇に近いように思います。
サクラの後に楽んでいます。

2020/04/18 (Sat) 06:06