富山県情報を中心に日常のいろいろを伝えるフォトブログ

剱岳が舞台の小説

2020/04/22
日常の出来事 6
今日も天気が悪いので、掃除を終えてから読書することにしよう。今年の夏は登山に行けるかわからないけど、気分を盛り上げてみるのも良いかもしれないな。本棚からとってきたのはこちらの本。私が一番好きな山、、、「剱岳」を舞台にしたミステリー小説です。

剱岳が舞台の小説



この『剱岳殺人山行』は、『殺人山行・剣岳』(1998年)を改題し、2001年7月に大幅に加筆・修正され刊行されました。北アルプスを舞台にした殺人ミステリー小説で、テレビドラマでも放送された山岳救助隊・紫門一鬼シリーズなど数々の山岳ミステリー小説を生み出した山岳推理小説の第一人者の傑作です。


著者は


梓 林太郎(あずさ りんたろう、1933年1月20日[1] - )は、日本の小説家。長野県飯田市生まれ。本名は林 隆司。貿易会社、調査会社、経営コンサルタント会社など[1]を経て、1980年『九月の渓で』で小説宝石エンタテインメント小説大賞を受賞し、デビュー。長い登山経験を元に、山岳推理小説の第一人者となる。代表的な作品に、山岳救助隊員・紫門一鬼シリーズや、山岳ミステリーシリーズ、長野県警刑事・道原伝吉シリーズ、旅行作家・茶屋次郎シリーズなどがある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


作品内容


剱岳の山小屋で、紫門一鬼は「拾われたザックの噂」を耳にした。登山では命に関わるザックなのに、持ち主が現れないというのだ。さらに翌日、二人連れの一人が、剱山頂目前で転落死を遂げた!──ふたつの事件を不審に感じた紫門。彼は謎のタイ人女性の存在に気づいた。そして舞台はタイ・バンコクへ。北アルプス山岳救助隊員・紫門、岩壁のトリックに挑む、、、といった内容です。


剱岳とは


IMG_8824_20200422115212788.jpg

剱岳(つるぎだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)北部の立山連峰にある標高2,999 mの山。富山県の上市町と立山町にまたがる。中部山岳国立公園内にあり、山域はその特別保護地区になっている。日本百名山および新日本百名山に選定されている。立山、鹿島槍ヶ岳、唐松岳とならび、日本では数少ない氷河の現存する山である。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用



登山道の様子


日本百名山でも屈指の難易度として知られる、北アルプスの岩峰・剱岳。険しい稜線と深い谷が織り成す迫力ある姿は、多くの登山者やクライマーの心を惹きつけます。カニのたてばい、カニのよこばいなどの鎖場も多く出てくるスリル満点な登山道です。

平蔵の頭


IMG_8861.jpg

屏風のように立つ一枚岩の平蔵の頭です。岩肌には登山者の足跡である白い筋がくっきり見えます。緊張感の続くルートは一般ルートでは国内で最難関と言われています。


カニのたてばい


IMG_8855_2020042212125674b.jpg

登山用ルートの核心部は、「カニのタテバイ」と呼ばれる斜度70度、長さ30m程の岩壁です。落ちたら命も落としますよ。下りは「カニのヨコバイ」になりますが、こちらもよく事故が発生しますね。


山頂の祠


IMG_8882_20200422115211daa.jpg



IMG_8883_20200422115209393.jpg

2008年8月に新しくなった山頂に鎮座する剱嶽社の祠です。


山頂からの眺め


IMG_8885.jpg

山頂から眺める剱沢カールです。私の黄色いテントがみえるかな? 立山方面を向いている格好です。




IMG_8892.jpg

山頂から東方向の景色です。ギザギザの岩が迫力ありますね。こちらの谷はバリエーションルートの「長次郎谷ルート」になります。


点の記


IMG_8869_202004221202481a6.jpg

標高2997.07mの三等三角点です。設置されたのは近年の2004年8月です。


最後に


DSC04660_20200422120249a29.jpg

過去の写真を見ながら山の様子を振り返ってしまう内容がメインになってしまいましたね(笑)。小説の紹介がちょっとだけになってしまいました~。また、登山を楽しめる世の中に戻ってほしいですね。山は逃げません、、、いつも見守ってくれていますから。みんなで巣ごもり生活を頑張りましょう!!



剱の朝

何も言うことはありません。目覚めてテントから顔を出したらこの絶景。うれしくて泣きそうになった。<2016年9月2日撮影>...




本日も最後までご覧いただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ  

Thanks ☆☆** (* u.u)) ペコリッ **☆☆ Thanks

関連記事
MIZU
Author: MIZU
使用テンプレートはIE非対応になっております。 パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。当ブログはリンクフリーですが、当ブログのコンテンツ(記事・画像・その他プログラム)について、許可なく転載することを禁じます。引用の際は、当ブログへのリンクを掲載するとともに、転載であることを明記してください。

コメント(6)

There are no comments yet.

NOB

私は登山する事ないですが、写真見てたら登ってみたくなりますね!
山登りするには素人だし私の周りには登山する人が居ないので残念です。(;^_^A

地元を題材にした小説は読んでても情景が浮かびますね!
福岡だと松本清張の「点と線」のミステリーはドラマ化されてもいましたので読んだり見たりしてました。
2020/04/22 (Wed) 19:53

onorinbeck

剱岳って、もっとも難しい山って言われてますよねー!
すごいなあ!!!
2020/04/23 (Thu) 10:59
MIZU

MIZU

To NOBさん

こんにちは。いつもありがとうございます。
小説に知っている場所が出てくるとなんだか盛り上がりますね。
こんな時ぐらいはゆっくり読書もいいですね。
2020/04/23 (Thu) 13:57
MIZU

MIZU

To onorinbeckさん

こんにちは。いつもありがとうございます。
剱は何度登っても飽きませんね。素晴らしい山ですよ。
今年はいけないかもしれませんね。
2020/04/23 (Thu) 13:59

FirstMESA

mizuさん、こんばんは(^^)

いや~、良いですね~、剱から望む剱沢!
氷河期の、ゆったりとした氷河の流れが
目に浮かぶ様です。
(残念ながら、黄色いテントは見つけら
れませんでしたけど)
ホント、立山連峰は高度感満載で、アル
ペン気分を満喫できる山々ですね。
2020/04/23 (Thu) 19:20
MIZU

MIZU

To FirstMESAさん

こんばんは。いつもありがとうございます。
今、北アルプス立山連峰は静かすぎる春を迎えていますね。
山小屋も閉鎖中ですし、アルペンルートも休業しています。
今年は行けないかもしれないですけど、山は逃げないですから我慢しますね^^
2020/04/23 (Thu) 19:35