乗鞍岳を振り返る

2020年04月30日
山登り 4
2018年8月下旬に行った乗鞍岳です。まだ記事にしていなっかったので、この機会に振り返ってみましたよ。今年は登山に行けないかもしれないけど、山は逃げないから落ち込むのはやめよう(笑)

乗鞍岳とは



乗鞍岳(のりくらだけ)は、飛騨山脈南部の長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる剣ヶ峰(標高3,026m)を主峰とする山々の総称。山頂部のカルデラを構成する最高峰の剣ヶ峰、朝日岳などの8峰を含め、摩利支天岳、富士見岳など23の峰があり、広大な裾野が広がる。飛騨側の高山市街地などから大きな山容を望むことができ、親しまれてきた山である。剣ヶ峰は、本州を太平洋側と日本海側に分ける分水界上の最高峰でもある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


初心者が登りやすい登山コース


DSC04675.jpg

登山口となる畳平から90分程度で登頂できます。コースもよく整備されていますので、初心者が気軽に登れる3000m級の日本百名山として人気があります。


乗鞍コロナ観測所


DSC04680.jpg




DSC04679.jpg

乗鞍コロナ観測所(のりくらコロナかんそくしょ Norikura Solar Observatory)とは、長野県と岐阜県との境にある乗鞍岳に国立天文台が設置していた天体観測所である。老朽化により2010年3月31日付で天体観測所としては閉鎖された。2011年度より、国立天文台が属する自然科学研究機構直属の研究施設「乗鞍観測所」として研究利用が再度開始された。乗鞍岳の摩利支天岳(標高2876m)の頂上に位置する。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


肩ノ小屋から剣ヶ峰へ


DSC04685.jpg

ここから先は傾斜が増して、本格的な登山道になります。肩ノ小屋で一休みしてから進むのがいいと思います。岩や石に覆われたところでは浮石の踏み抜きやスリップなどに注意して歩きましょう。



DSC04686.jpg

心拍数と高度が上がってきましたね(笑)。止まって後ろを振り返ると、肩ノ小屋が見下ろせます。観測所と同じくらいの高さになりますかね。



DSC04687.jpg

この時期に咲いている貴重な高山植物に癒されますね。これは「ミヤマアキノキリンソウ」かな、、、ちょっと違うような気もしますが・・・。



DSC04689.jpg

さぁ~てっぺんが見えてきましたよ(笑)。もう一息なので頑張りましょう。


頂上に到着


DSC04690.jpg

乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰へ登頂。



DSC04691.jpg

乗鞍岳(3026m)の国内標高順位は第19位です。


乗鞍本宮


DSC046921.jpg

山頂の乗鞍本宮奥宮。以前はここに大日如来像が安置されていましたが、現在は飛騨の岩井谷村にあります。



DSC04694.jpg

神主さんが各種御札を販売されています。


山頂からの景色


DSC04706.jpg

御嶽山、白山、富士山、北アルプス、八ヶ岳、南アルプスなどの眺望を期待しておりましたが、ガスっていたので見下ろす絵になります。

辿ってきた道


DSC04701.jpg

青空が顔を出してきましたよ。雲が近いですね。山の天気はよく変わります。


さいごに


DSC04708.jpg

3000m級の山は涼しく空気が綺麗で、まさに別世界です。日本一高い2700mのバスターミナルから歩き出しますので、初心者の方も手軽に登れます。途中で足場の悪い岩場を登りますが、ゆっくり登ればそんなに問題はないです。やっぱり、山の「てっぺん」は気持ちいいです!!


360度の絶景

最後の一歩を踏み終えてゆっくり顔を上げる。山頂からの景色、、、360度のパノラマが広がる。ジャンダルム、焼岳、乗鞍岳、御岳山が連なる。眼下に広がる上高地、、、河童橋はどこかな?...


ザイテングラート

高度を上げていく。...





本日も最後までご覧いただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ  

Thanks ☆☆** (* u.u)) ペコリッ **☆☆ Thanks

関連記事

気に入ったらシェア!

MIZU
Author: MIZU
使用テンプレートはIE非対応になっております。 パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。当ブログはリンクフリーですが、当ブログのコンテンツ(記事・画像・その他プログラム)について、許可なく転載することを禁じます。引用の際は、当ブログへのリンクを掲載するとともに、転載であることを明記してください。

コメント4件

コメントはまだありません

さえき奎

乗鞍岳もでっかい山ですよね。
私は滝屋ですが登山はやらないので、何度か乗鞍スカイラインで畳平まで行ったことしかないのですが、
二度ばかり乗鞍岳北西斜面を源流とする沢之上谷に懸かる秘瀑「布引滝」を目指したことがあります。
一度目は場所を特定出来ずに時間切れで断念。
リベンジを狙った二度目は、麓の集落の人に「熊がバンバン出没しているから止めた方がいい」と説得され単独行でもあったので泣く泣く断念しました(笑)。
情けなかったです(笑)。

2020年04月30日 (木) 15:11

onorinbeck

乗鞍岳は素敵ですねー!
僕は以前バスツアーでお花畑の場所だけ行った事があります。
たしか、自然保護のため、駐車場の料金がメッチャ高いんですよね。

2020年05月01日 (金) 10:49
MIZU

MIZU

To さえき奎さん

こんにちは。乗鞍岳の山域は本当に広いですよね。布引滝は五色ヶ原方面でしょうかね。クマの出没地帯に単独行なら断念する勇気と判断が素晴らしいですよ^^

2020年05月01日 (金) 11:12
MIZU

MIZU

To onorinbeckさん

こんにちは。昔はマイカーで駐車場まで上がれたんですけど、自然保護のためにバスのみになっていますよね。自転車は通行可なので一度やってみようかなぁ~と考えています(笑)

2020年05月01日 (金) 11:15