MIZU NOTE

錦秋のパノラマを満喫した

2020/10/26
風景写真 4
EOS80D撮影 富山県 立山
富山県立山町芦峅寺にある日本一の落差約350メートルを誇る 『称名滝』 の周辺は紅葉が見頃を迎えましたよ。青空とはいかなかったものの、錦秋のパノラマとマイナスイオンを満喫してきました。


紅葉のシーズンになりました


IMG_3332.jpg

久しぶりに称名滝に行って色づいた渓谷と滝筋の美しいコントラストを楽しみました。ブナやナナカマド、オオイタドリ、山ブドウなどが10月下旬から辺り一帯が色づいてきます。赤や黄に染まった渓谷に白い滝筋が映えて素晴らしい景色でした。


称名滝とは


IMG_3363.jpg

称名滝の落差は350mで、日本一とも言われる規模を誇る四段構成の滝であり、一段目(最上部)が70m、二段目58m、三段目96m、四段目が126mで、滝つぼの直径は60m、深さは約6mある。国指定の名勝および天然記念物であり、日本の滝百選、日本の音風景100選に選定されている他、日本三大名瀑に選ばれることがある。名称は、法然が滝の轟音を「南無阿弥陀仏」という称名念仏の声と聞いたことに由来すると伝えられている。雪解け水が多く流れ込む春などには、称名滝の右側にハンノキ滝が現れて、2つの滝が流れ落ちる。また、特に流量が増した場合には、ハンノキ滝の右側にソーメン滝も現れて、3つの滝が並んだ光景を見ることができる。ハンノキ滝の落差は497m(一般には500mとされる)で、350mの称名滝よりも大きいものの、いつも存在している滝ではないとして、日本一の落差の滝として認められないことも多い。称名滝は、10万年ほど前は、現在よりも15km下流の小見地区付近に位置していたと考えられている。その後、長い年月をかけて基岩の溶結凝灰岩を年間10cm程度ずつ削りながら、途中、悪城の壁といった急峻な地形を造りながら現在の場所まで後退してきた。1945年、戦時で電力事情が逼迫する背景の中、日本発送電が滝の中段に水力発電用取水施設を作るべく、滝の北側の崖を削る工事を行った。工事の途中に終戦を迎え、事業を引き継いだ北陸電力は工事の続行を取りやめたが、現在もなお3段目の滝つぼから水平方向に掘削した跡が残されている。称名滝より上流には称名廊下という大峡谷がある。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



場所


IMG_3334.jpg

※地図
称名滝  〒930-1406 富山県中新川郡立山町芦峅寺



行ってみた


駐車場から展望台までは1.3キロメートルの距離を歩きます。

展望台に向けて歩きます


IMG_3337.jpg

往路は登りで復路は下りでゆっくり歩いて片道30分程度です。



IMG_3343.jpg

遊歩道には距離の表示があります。



IMG_3354_20201026133438717.jpg

最近の冷え込みで上部には雪がついていますね。雪と紅葉のコラボレーションを楽しみながら歩を進めます。


ハンノキ滝が見えてきました


IMG_3365.jpg

称名滝と同じ滝壺に落ちるハンノキ滝です。水量の少ない時期は消滅していることが多いのですが、この時期はなんとか細いながら美しい姿が見られます。もう一息で展望台に着きますよ。


紅葉、落差日本一の巨瀑彩る


IMG_3429.jpg

展望台に着きました。水しぶきをあげながらダイナミックな滝が流れ落ちる光景は圧巻です。



IMG_3414.jpg

鮮やかな紅葉と白く光る滝の幻想的な空間が楽しめます。



山の紅葉


IMG_3395.jpg

展望台から見た山の紅葉です。



IMG_3394.jpg

鮮やかに色づいていますね。



IMG_3467.jpg

切り立つ崖も迫力があります。


きれいな水の流れ


IMG_3454.jpg

綺麗な水です。この透明度はすごいですね。


おしまいに


IMG_3460.jpg

赤や黄に染まった岩肌から流れ落ちる迫力の滝でした。快晴ではなかったのですが、このタイミングを逃してしまうと紅葉シーズンが過ぎてしまうので訪れてよかったかなぁ~と思ってます。次回は残雪が残る春に行きたいと思います。


落差日本一の称名滝は迫力満点

日本一の落差350メートルを誇る称名滝は富山県立山町芦峅寺にある観光名所。...



ブログランキングに参加しています。
応援クリックをいただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ  

Thanks ☆☆** (* u.u)) ペコリッ **☆☆ Thanks

関連記事
風景写真
MIZU
Admin: MIZU

使用テンプレートはIE非対応になっております。パソコンからご覧の場合は、Google ChromeやFirefoxでの閲覧をお勧めします。弊ブログはリンクフリーですが、弊ブログのコンテンツ(記事・画像・その他プログラム)について、許可なく転載することを禁じます。引用の際は、弊ブログへのリンクを掲載するとともに転載であることを明記してください。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします。


コメント 4

まだコメントはありません

べり~*

こんにちは。

素晴らしい光景ですね。
滝まで・・・私にしたらかなり歩きますがこの紅葉した景色を見ながらでしたら
行けるかも~(笑)
落差日本一ですか~称名滝、凄いですね。
ハンノキ滝の方が水量は少ないですが周りの景色を含め私は好みの滝かな~♪

2020/10/26 (Mon) 17:04

NOB

紅葉は次期を逃さず行くのがいいですけど、なかなかタイミングが合わなかったりしますからね!
称名滝、ハンノキ滝どちらもこれぞ滝って感じですね!

切り立った断崖と滝が印象的な場所ですね!

2020/10/26 (Mon) 20:04
MIZU

MIZU

To べり~*さん

こんにちはー。いつもありがとうございます。
ハンノキ滝いいですよね。落差が500mあるんですけど水量が少ないときは水が流れ落ちないことがあって、落差日本一に認定されていないそうです。雪解けの時期は水量が多いので勢いが凄いですよ。

2020/10/27 (Tue) 16:09
MIZU

MIZU

To NOBさん

こんばんは。いつもありがとうございます。
紅葉の時期って難しいですよね。少しタイミングを外すと景色が変わってしまうので、ライブカメラでチェックしていました。

2020/10/27 (Tue) 16:11