日帰りで新潟駅周辺へ行きました

MIZU
グルメ情報
このカテゴリ一覧を見る
6
コメントの投稿

富山市から日帰りで、お隣の新潟駅周辺まで車で行ってきましたよ。研修に参加するのが目的で新潟県へお邪魔しました。新潟市内を満喫しましょう。

まずは散歩しました


少し早めに到着したので、駐車場に車を停めて歩いてみました。今日は講義で椅子に座りっぱなしなので運動をしましょう。信濃川沿いを歩こうと向かった先には素敵なアーチの橋が架かっていました。これが有名な萬代橋ですね。信濃川右岸のやすらぎ堤緑地をお散歩です。しかし、ここは居心地がいいですね。ゆったり過ごすには最高の環境ですよ。

万代橋

第3代となる現橋は1929年(昭和4年)6月に竣工、側面に御影石(花崗岩)の化粧板を施した6つのアーチを連ねる鉄筋コンクリート橋である。橋長306.9m、幅員22.0m。車道は片側2車線の計4車線で、車道両端に自転車歩行者道を備え、橋梁両詰には橋詰広場が計4箇所設けられている。また橋梁両詰には人道函渠(ボックスカルバート)が各1箇所設けられ、西詰(左岸側)は新潟市道川岸町下大川前通線(信濃川左岸線)、東詰(右岸側)は新潟市道信濃川右岸線をそれぞれ立体交差によりオーバーパスしており、両市道の歩道との間には橋詰広場とを連絡する階段が設けられている。

現橋梁は当初、車道の中央部に路面電車の軌道を通す併用軌道の橋梁として設計されたが実現に至らず、車道は上下計4車線の道路となっている。

昭和時代初期における大規模なコンクリートアーチ橋の貴重な現存例であり、新潟市のシンボルとして、またランドマークの1つとして広く定着している。

日本の建築史上、文化的な価値が高いとして、2002年(平成14年)11月23日に土木学会選奨土木遺産に認定された。さらに現橋の架橋75周年を迎えた2004年(平成16年)、国の重要文化財に指定されたのを機に、漢字表記を新字体の「万代橋」から、建設時よりの橋名板表記である「萬代橋」に復した。これに伴い同年春から夏に掛けて、架橋当初の姿に復すリニューアル工事が実施された。

なお、橋梁名は1886年(明治19年)の架橋当初は「よろづよばし(現代仮名遣いでは「よろずよばし」)」と訓読したが、のちに音読の「ばんだいばし」へ転訛して正式の橋梁名もそれに倣い、そのまま現在に至るまで定着している。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

萬代橋 ※地図
〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代2丁目4



新潟日報メディアシップ


今回の研修はこちらが会場です。すごく大きくて美しいビルですね。駐車場から直接入れるので助かりますね。

新潟日報ビル

新潟日報社の本社屋と、一般向けのテナントスペースおよび公共スペース、立体駐車場からなる多機能複合型ビルで、高層部は地上20階建、全高105mを有する。

2012年(平成24年)に新潟日報が創刊70周年を迎えるにあたって記念事業の一環として建設され、2013年(平成25年)1月末に竣工、同年2月4日の竣工式をもって本社登記を同地へ移転し、その後西区善久の旧本社(現在の黒埼本社)から本社機能の移転作業および各テナントスペースの入居作業が進められ、4月12日の「出航式」をもってグランドオープンを果たした。

中央区中心部を流れる信濃川の下流部右岸側近くに所在し、正面入口は萬代橋通りと東港線が交差する東港線十字路交差点に面し、万代シテイに隣接する立地条件下にある。萬代橋側に面する南側は「人をつなぐ、時間をつなぐ、まちをつなぐ『現代の北前船』」という建設コンセプトに基づいて、北前船の帆をモチーフに緩やかなカーブを描いたデザインになっており、夜間には両端部に取り付けられたLEDによる「ライトセイル(光の帆布)」と呼ばれるライトアップが行われる。また施設のシンボルマークにも帆を張る北前船と、日本海と信濃川の水面を模したデザインが用いられている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新潟日報メディアシップ ※地図
〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代3丁目1−1



ランチはバスセンターにある名物カレー


午前中の講義が終わってお昼休みです。お腹も減ったので昼食を食べましょう。会場から近くて安くてうまいと言えば、やはり長年にわたり新潟市民に愛され続けている「バスセンターのカレー」でしょう。

万代シティバスセンター


ここが新潟市近郊や郊外の路線バスと高速バスの発着点なんですね。車両を自走で周回させるロータリー式になっています。なんだか昭和の香りがプンプンする雰囲気でフォークソングを聞きたくなってきますね。アリスの「遠くで汽笛を聞きながら」なんか最高かも。汽車じゃないですけどね。まさにここが出会いと別れの発着点。

新潟バスターミナル

新潟交通が開発を手掛けた商業地「万代シテイ」の中心的な施設として1973年(昭和48年)11月にオープンした。1階部分にバスターミナル「万代シテイバスセンター」が設けられており、ビル内には各種店舗があるほか、新潟交通の本社がおかれている。

隣接するLoveLa万代(1973年11月にダイエー新潟店としてオープン)や新潟伊勢丹をはじめ、周辺施設とは2階部分に設けられたペデストリアンデッキで連絡している。

耐震工事のため2019年から2021年にかけて、隣接するシルバーホテルビルとともにリニューアル工事が行われている。

1951年(昭和26年)2月、新潟市流作場(現在の中央区万代四丁目)、現在のCOZMIX2およびNBF新潟テレコムビルの立地に完成した「新潟交通バスステーションビル」(通称バスビル)が前身。同ビルは新潟県内では初の本格的なバスターミナルで、各乗り場は車両を建物内へ後退して入線させるスイッチバック式であった。市内線のバスが発着する新潟駅前に対し、バスビルからは近郊・郊外線のバスが発着していた。老朽化と新潟交通本社用地の再開発に伴い、1973年11月に新潟交通本社とテナント群を擁す現ビルに移転し、現名称となった。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

万代シティバスセンター ※地図
〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代1丁目6



名物万代そば


看板がありました。漂ってくるカレーのいい匂いが空腹中枢を刺激してきます。これは迷わずカレーライスにいきますよ。

新潟カレー看板

名物 万代そばは、新潟交通グループで万代シルバーホテルを運営する(株)シルバーホテルが店舗運営を行っている。そば、うどんとともに名物なのが、カレーライスである。この万代そばで供されるカレー(カレーライス、カレーそば・うどんなどに使用)はルウから手造りしており、和風だしととんこつをベースにしたスープで伸ばして造られている。

なお、コーナーではカレーのみをテイクアウトで購入することもできる。また、土産品の企画などを手掛ける新潟交通のグループ会社・新潟交通商事は「出張で新潟に来てバスセンターのカレーを食べた人に、家族の分も土産に買ってもらいたい」と、このカレーをレトルトパウチした商品「新潟・万代シテイバスセンターのカレー」を企画し、2009年(平成21年)11月から万代そばの他、新潟駅、新潟空港、新潟県内高速道路の主なサービスエリア・パーキングエリアや一般道路の主な道の駅、新潟交通商事が運営するオンラインショップ「くれよんライフ」、東京都渋谷区に所在する県のアンテナスペース「表参道・新潟館ネスパス」1階のショップ「新潟食楽園」などで販売している。

2017年3月放送の「アメトーーク! カレー大好き芸人」で取り上げられたことでカレーライスが視聴者及びテレビ業界関係者に注目され、2018年6月の秘密のケンミンSHOWで紹介された後には連日行列ができるほどの売り上げピークを迎えた。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


メニュー


メニューはシンプルですね。選びやすいです。しかもお安い。今回はミニカレーを注文します。

新潟カレーメニュー





行列のできるお店です。並び始めて10分でようやくここまでたどり着きました。券売機で食券を購入してカウンターにいる店員さんに渡します。

新潟カレー店



ミニカレーを食べてみた


注文したらすぐに出てきました。これが新潟が誇るソウルフードの「バスセンターのカレー」ですか。このボリュームでミニサイズですよ。そして、たっぷりと盛られた福神漬けがインパクト抜群です。

新潟カレー1



黄色っぽいカレーで甘いのかと思ったら、香り高いスパイスの効いた味なんですね。これは本格的な旨いカレーですよ。福神漬けと一緒に食べると甘しょっぱさと混ざって一味違った美味しさを味わえます。

新潟カレー3




紹介記事が張ってある


立ち食いスタイルはここの伝統なのでしょうね。仕切り板に貼ってある記事に注目しちゃいます。食べ終えたら食器をカウンターに返却します。

新潟カレー記事


お買い物へ出かけました


研修日程が終了したら、ディズニーストアに向かいます。娘からリクエストのあったグッズを購入してきましたよ。コロナ禍でディズニーリゾートに遊びに行けないから、きっと喜んでくれるでしょう。それにしても街中は人であふれかえっていましたよ。この賑わいぶりには驚きました。

ディズニーストアで買い物

ディズニーストア 新潟万代ビルボードプレイス店 ※地図
〒950-0909 新潟県新潟市中央区八千代2丁目1−2 万代シテイ ビルボードプレイス 2F, 中央


おわりに


今回は万代シティを散策しましたが、ゆっくり時間をかけて市内観光したくなりました。歴史を感じながら歩くのも楽しいでしょうね。次に訪れたときは名物へぎそばを食べたいな。

では、また!!

新潟カレー2




ランキングに参加しています。
応援クリックをしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ  PVアクセスランキング にほんブログ村

関連記事

コメント 6

There are no comments yet.
NOB
2021/06/28 (Mon) 18:14

新潟には行った事ないですけど、この「バスセンターのカレー」は知ってますよ!(笑)
よく北海道ツーリングの動画とか見るんですけど、「新潟⇒小樽」経由の人達がココを紹介してますね!
素朴そうなカレーが妙に旨そうなんだな。

九州からだと舞鶴港(京都府)~小樽港(新日本海フェリー)って事になるから「バスセンターのカレー」は食べれないなぁ~(笑)

MIZU
MIZU
2021/06/28 (Mon) 21:40

To NOBさん

こんばんは。
そうですよね。敦賀から乗船すれば新潟に行けるのかな~?
航路には詳しくないのですが、北海道へ行くときはフェリーを利用してみたいと思っています。

バスセンターのカレーは美味しかったですよ。本格的な味でした。
スパイシーなんですけど、肉と玉ねぎの甘みも感じられて素晴らしい状態でしたよ。

ぺるしゃ。
2021/06/29 (Tue) 07:50

早い、安い、うまい、は私のモットーでやんす♪
このカレー、いただいて見たいですね。
ミニカレー、量もちょうど良さそうです。

MIZU
MIZU
2021/06/29 (Tue) 16:23

To ぺるしゃ。さん

こんにちは。
ミニカレーですけどボリュームありますよ。
丁度いい感じでした。

そふぃあ
2021/06/30 (Wed) 14:46

おぉ!

こちらに来られていたのですね。
バスセンターは近年綺麗に整備されて、万代カレーの店舗も新しくなりました。
私も行ってみたいと思っているのですが、なかなか機会に恵まれません。
ミニでもお腹いっぱいになるんですよね。
しかも色のわりにしっかりと本格派カレーで。

今度はゆっくり観光でいらしてください。

MIZU
MIZU
2021/06/30 (Wed) 19:34

To そふぃあさん

こんばんは。
そちらにお邪魔させていただきました。
素晴らしい街並みですね。ゆっくり時間を取って観光したくなりました。
万代カレーが食べられて良かったです。以前から気になっておりました^^

グルメ情報